2019.04.09 – 収納

タオルの収納術。洗面台まわりの棚がシンプル&おしゃれに大変身

洗面所まわりがいまいちすっきりしない……その理由はもしかしたら「タオル」が原因かも。そこで、今回はすっきり見えるタオル収納のコツをご紹介します。ほんの少し工夫で、シンプルでおしゃれな棚に。ぜひ参考にしてみてくださいね。

View this post on Instagram

 

Onnela(オンネラ)さん(@onnela.tv)がシェアした投稿

洗面所のタオルはルールを決めて整理整頓

洗面所のタオルは、使う頻度も高く、気がついたらぐちゃぐちゃ、なんてことも。そんな悩みも、ルールを決めて整理できれば、インテリアに溶け込みすっきりした収納スペースになります。「気持ちの良い空間づくり」コンセプトにサービスを展開するKUUKIの監修のもと、シンプルですっきり見えるアイデアを紹介していきます。

「隠す」と「見せる」をうまく使って

実はルールは、「隠す」と「見せる」を決めるだけ。

まず、タオルをすべて棚から取り出し、「柄あり」と「柄なし」に仕分けます。

次に、統一感の出ない「柄あり」タオルはボックスの中に収納し、直接目に付かないようにしましょう。柄ありは、隠す収納です。

そして、「柄なし」タオルは端が内側にくるようにたたみます。棚に置くときは、折り目が手前にくるように積み上げていきます。柄なしは、見せる収納です。

このように、隠すものと見せるものを整理して配置するだけで、すっきりとした見た目に。インテリアにも溶け込む、シンプルな洗面所に変身します。

より使いやすく棚の配置を考えよう

何段か収納できる棚がある場合は、より使いやすい配置を意識するとよいでしょう。使用頻度の高いタオルは目線とウエストの間に、逆に使用頻度の低いタオルは目線より高い位置に配置します。すると、タオルの使い分けがよりスムーズになります。

まとめ

洗面所のタオル収納は、物が雑多な印象を与えがちです。キレイに見せにくい場所だからこそ、簡単な「隠す」と「見せる」の簡単な収納アイデアで見直してみてはいかがでしょうか?すっきりとした空間づくりは、心地よい暮らしを実現する大切なエッセンスです。

監修:KUUKI

Related Post 関連記事

Ranking ランキング