2019.05.17 – 収納

バッグの中の整理術。仕切りを作ってすっきり整頓するには?

バッグの中身はいつもゴチャゴチャ、目当てのものを取り出すにもひと苦労……ということありませんか。実はちょっとした工夫で簡単にすっきりさせることができるのです。意外な整理術に目からウロコかも?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Onnela(オンネラ)さん(@onnela.tv)がシェアした投稿

すっきり整理術でバッグの中もスマートに

トートバッグに小さなバッグ、リュック……ファッションに合わせてバッグもチェンジしたいですよね。でも、どんなバッグでも、中身がぐちゃぐちゃだとせっかくおしゃれな格好をしていても台無しに。「バッグの中身を整理整頓できるワザ」をチェックしてぜひ実践してみてくださいね。

トートバッグの整理にはアレが役立つ


バッグの中身が入っている場合は、一度全部取り出して、ブックスタンドを入れます。スタンドが支えになって、バッグの中で荷物が混ざりにくくなるのでgood。

また、ブックスタンドの仕切りに合わせて荷物を収納する際は「よく使うもの」「たまに使うもの」など頻度に合わせて分けても使いやすくなります。

小さなバッグの整理には小さいアレを


ブックスタンドが入らないような小さなバッグにはカードファイルなどをバッグの中央に入れて荷物を詰めましょう。平たいものから詰めると中身が安定します。カードファイルは大きめのポーチの仕切りなどにも便利なので試してみてくださいね。

バッグの中身の入れ替えも簡単に


バッグを変えたときに、うっかり入れ忘れたものがある……なんてことありませんか?

そんなときに利用したいのがクリアボックス。クリアボックスに荷物を入れておけば、ボックスごと入れ替えるだけで済むので簡単&入れ忘れもなし。

中身をそのまま部屋に収納できるので、「仕事用」「おでかけ用」「子どもの外遊び用」など用途別に収納しておけば、急なおでかけにもあわてずに済みます。

まとめ

プラスチック製のブックスタンドやクリアボックスは軽いですし、サイズもいろいろあるので応用しやすいのもポイント。自立しないタイプのバッグにも安定感ができるかと思いますので、お気に入りのバッグで試してみてくださいね。

Related Post 関連記事

Ranking ランキング