2019.05.28 – ライフハック

食べきれなかった「食品の簡単保存テク」。パスタ・ポテチ・ケーキはこう保存!

パスタ、ケーキ、ポテトチップス……最後まで使いきれなかったり、食べきれなかったりする食品を、家にあるもので簡単に保存するアイデアをご紹介します。これで少しだけ残ってしまった場合も、ムダになることがありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Onnela(オンネラ)さん(@onnela.tv)がシェアした投稿

家にあるもので簡単にできる保存テク

食品が余ってしまったときでも、きれいに・簡単に・取り出しやすく保存する方法があればうれしいですよね。そんな便利な保存テクを食品別に3つご紹介します。どれも家にあるもので簡単にできるアイデアです。

 

【食品別】3つの保存方法

パスタ

パスタの場合は、袋は切り開く部分を変えるだけ。短辺を開いてしまいがちですが、保存をしやすくするなら長辺を開きましょう。

ゴムなどで留めておけば、袋が開くこともなく簡単に保存できます。

 

ポテトチップス

まず、ストローを2本用意します。そして、片方には縦の切れ目を入れ、もう片方はそのままの状態でOK。

切れ目をいれていないストローで袋の口を巻き込み、その上から切れ目を入れたストローを広げて被せるだけです。

 

ケーキ

保存容器を反対に使うだけの簡単なアイデア。余ったケーキをふたに乗せ、容器側でふたをします。

お皿とラップの組み合わせだと、デコレーションや形が崩れてしまいます。この方法なら、きれいな状態のまま保存可能です。

 

まとめ

保存がうまくできないと、余ってしまった食品がムダになってしまうこともあるでしょう。今回紹介したアイデアなら、残った食品を食べきることができますね。家にあるもので簡単にできる保存テクなので、ぜひ試してみてください。

Related Post 関連記事

Ranking ランキング