2019.12.06 – DIY

お気に入りの服を長くキレイに着る!洋服の洗い方・しまい方のコツ

お気に入りの洋服はできるだけ長く、きれいに着たいですよね。ちょっとした工夫で服の傷みを防ぐことができます。今回は、洋服を長く着るためのコツをご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Onnela(オンネラ)(@onnela.tv)がシェアした投稿

お気に入りの洋服、傷んでない?

今回ご紹介するのはお洋服を長く着るためのテクです。Tシャツのよれや、衣類の虫食い、ショックですよね。これらはちょっとした工夫で防げることができます。簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね。

 

Tシャツの襟よれ防止

お気に入りのTシャツの襟がよれてしまっていたらショックですよね。これは洗濯の際の工夫で改善することができます。
襟部分を輪ゴムでまとめて洗濯しましょう。これだけでヨレ防止に!

まとめていた部分にシワが入ってしまう場合は干すときに軽くアイロンを当てると良いでしょう。

 

衣類の保管テク

衣替えの時期、久しぶりにお気に入りの服を取り出したら虫食いが……!ショックですよね。

防虫剤を入れる場合、衣類のつめこみすぎはNG。防虫成分の効果が半減してしまいます。防虫成分は空気より重いので、服の上に置くようにしましょう。また、防虫効果が薄れてしまうので、一度締めたら開け閉めは厳禁です!

衣類を縦置きでしまう場合も同じ方法で保管できます。

 

カップ付きTシャツの保管テク

カップ付きのTシャツは、そのまましまってしまうと、カップ部分がつぶれてしまいます。コツは畳み方です。

まず後ろ身頃を上にして平らに整えます。肩部分を内側に折り、裾をカップ部分に重ならないように一度折ります。さらに折り、前身頃を上にして形を整えます。

カップ付きTシャツの上に、同じTシャツを乗せるようにしてしまうようにすると形をキープできますよ。

 

まとめ

ちょっとした工夫で、服は長持ちします。少し手間かもしれませんが、習慣づけることを心がけてみると良いですね。

Related Post 関連記事

Ranking ランキング