網戸のガタつきが気になるときに。自分でできる修理方法 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

網戸のガタつきが気になるときに。自分でできる修理方法

窓を開けたときに、網戸のガタつきが気になること、ありませんか?力任せに開け閉めするのは故障の原因にもかねないのでNGです。今回は自分でも簡単に直せる方法をご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Onnela(オンネラ)さん(@onnela.tv)がシェアした投稿

これで安心!網戸のガタつき解消法

春から夏にかけて、窓を大きく開け放って外の空気を取り入れたいものですよね。でもそんなときに網戸がガタついていたら……。実はこのガタつき、自分でも直すことができるのです。今回はそんなガタつき解消法をご紹介します。

 

ガタつきを直す4つのステップ

1. 網戸を外して、レール部分の汚れをブラシで落とす

2. レーン部分を布巾で拭き取る

3. 戸車部分も同じようにブラシで汚れを落とし、布巾で拭き取る

4. 網戸側とレーン側の両方に潤滑油をさす

 

戸車が壊れていた場合はドライバーで取り外し、新しいものに取り換えましょう。

 

まとめ

女性でも簡単にできるのが嬉しいところですが、これはあくまで応急処置です。ガタつきがあまりにひどい場合は、メーカーや修理サービスに相談するようにしましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手