初心者でもOK♪「ドライフラワー」のお手軽なアレンジ方法 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

初心者でもOK♪「ドライフラワー」のお手軽なアレンジ方法

ドライフラワー のアレンジで準備するもの

・お好みのドライフラワー 

ドライフラワーはお花屋さんやインテリアショップなどで購入できます。自分で作る場合は、ユーカリやバラ、ラベンダーなど茎に水分が少ないお花を選び、逆さまに吊るして乾かしましょう。花首部分を使う場合は、シリカゲルを敷き詰めた入れ物に花首を入れて、乾燥させる方法が簡単です。

・麻ひもやワイヤー

麻ひもやワイヤーといった、ドライフラワーを固定するためのアイテムは必須!アレンジの定番「ガーランド」や、花束を作る際にも大活躍してくれますよ。

・マスキングテープ

マスキングテープもあると便利なアイテム。モノトーンからカラフルなものまで、いろいろ用意しておくとアレンジの幅が広がります。

・グルーガン

ひとつ持っておくと便利なグルーガン。重ねたドライフラワーを固定するためだけではなく、飾る額縁やフレームを作るときにも使えます。

初心者におすすめ♪「お手軽アレンジ」

・壁に吊るす

ドライフラワーを壁にディスプレイするだけでも、立派なアレンジになります。お部屋の雰囲気、色に合わせたものを選んでコーディネートしてみましょう。

・花瓶に入れる

ドライフラワー をお好みの花瓶に入れるのも簡単なアレンジ方法です。水を入れなくてもいいので、気軽に飾れるのがいいですね。一輪挿しでもおしゃれに演出できますよ。

・ガーランドにする

ガーランドはクリスマスリースの起源とされている、世界最古のフラワーアレンジメントです。長い麻ひもにドライフラワーを一輪ずつ結ぶだけなので、作り方は簡単です。

・花束風にまとめる

ドライフラワーがたくさん手に入ったら、花束風にまとめてみましょう。リボンや英字新聞などでアレンジするのも素敵ですね。インテリアとしてはもちろん、贈り物としてもすてきなアイテムです。

じっくり作るなら「額縁スワッグアレンジ」

スワッグはひとまとめにしたドライフラワーをそのまま飾るのが基本ですが、それを額縁と一緒に飾るとワンランク上のアレンジになりますよ。お部屋の雰囲気やインテリアの色に合わせて、額縁の色や形を変えてアレンジしてみましょう。

1. 金網を額縁に留める

用意した額縁に金網をセットします。裏板の抑え部品が付いているものは、それを活用して金網を留めましょう。

2. 金網をグルーガンで留める

金網が外れないように、さらにグルーガンを使って固定します。

3. ドライフラワーを麻ひもで固定する

用意したドライフラワーを、麻紐で金網に固定します。固定するのは麻ひも以外にテグスやワイヤーでも可能ですが、麻ひもを使うとナチュラルな雰囲気をより引き立ててくれますよ。

4. バランスを整える

全体のバランスを整えれば、素敵な額縁スワッグの完成です!上下どちらに飾ってもおしゃれなので、お部屋の雰囲気に合わせてディスプレイを楽しんでみてください。

ちょっぴり上級!「ボタニカルキャンドル」

ボタニカルキャンドルとは、ドライフラワーをワックスに入れて固めたキャンドルのことです。ベースになるキャンドルとドライフラワーを型に入れて、そこへ溶かしたワックスを流し込んだら完成♪ アロマオイルを加えて、アロマキャンドルにすることもできますよ。

ドライフラワーをアレンジして気軽に楽しもう!

ドライフラワーは、ナチュラルやカントリーといったテイストのお部屋にぴったりのインテリア。この記事で紹介したようなアレンジを施すことで、より使い勝手がいいアイテムになります。ドライフラワーの新たな魅力を知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手