お部屋を広く見せるコツとは?おしゃれなインテリアコーディネート術 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

お部屋を広く見せるコツとは?おしゃれなインテリアコーディネート術

プロに聞いた。狭いお部屋をおしゃれに見せるコツ

最小限のものしか置いていないのにお部屋がごちゃついて見える。多くのみなさんが抱えているお悩みだと思いますが、その原因は一体なんなのでしょうか。今回、ちょっとした小物づかいでお部屋が見違えるほどおしゃれに、そして広く見えるポイントを空間スタイリストの塚原あずささんに聞いてみました。さっそくご紹介しましょう。

色選びは重要なポイント

暗い色は狭く見えやすい

お部屋が狭く見える原因のひとつに「色選び」があるそうです。暗い色や濃い色はお部屋が狭く感じてしまうのだとか。

お部屋を広く明るく見せるアイテムは?

そこでおすすめなのが、ソファーカバーを明るい色目のものに変えることです。大きな面積を占めるソファの色を明るくすることでお部屋が広くなったように感じるんですね。

クッションカバーも同系色で合わせれば、さらにGOOD。複数のクッションがある場合は、同じ柄ではなく、同系色の色違いを選ぶのがおしゃれに見せるポイントです。

アイボリーやグレーなど、白を基調とした明るい色をどんどん取り入れてみましょう。

雑貨の飾り方にもポイントが!

素材感を統一させる

かわいい雑貨をみつけるとついつい購入してしまうという方も多いのではないでしょうか。そんな雑貨をおしゃれに飾りたいのに、ただ並べるだけではごちゃついて煩雑に見えてしまいます。そこでポイントとなるのは、素材感を統一させることなんです。

雑貨をおしゃれに見せるアイテムは?

そこでおすすめなのが、ガラス素材のアイテムです。ガラス製のオーナメントレトンやフラワーベースタンクなどに観葉植物を差したり、小物を入れたりすれば、ガラスの透け感がお部屋をすっきり見せてくれますよ。

さらに、置くだけで洗練された空間を作ることができてとってもおしゃれ♪

大がかりな模様替えよりも小物づかいでお部屋をチェンジ

「狭いお部屋を広くしようとすると大がかりで大変」と思いがちですが、実は小物を変えるだけでこんなにもお部屋がすっきりするんですよ。これなら思い立ったときすぐに行動に移すことができますね。動画でご紹介しているアイテムは「ニトリ」で売られているものです。ぜひチェックしてみてくださいね。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手