部屋を広く見せるには?インテリアのプロが簡単なコツを伝授! – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

部屋を広く見せるには?インテリアのプロが簡単なコツを伝授!

部屋が狭くても広く見せたい!

部屋を広く見せたいけど、「自分の部屋は狭いから仕方ない…」と諦めてしまっていませんか?部屋が狭くても、ちょっとしたひと工夫で今よりグッと広く見せられます。この記事では、インテリアのプロに聞いた、部屋を広く見せるアイテムの選び方や収納方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

テーブルは畳めるものを選ぶ

参考アイテム:ノールデンゲートレッグテーブル(IKEA)

  

畳めるテーブルにすれば、利用する人数によってサイズを変えられます。女性ひとりでも畳みやすいテーブルがおすすめです。

ひとりで使うときは、片面を広げて作業台に。

来客がある時は、両側を広げて使いましょう。十分な広さがあるので、余裕のあるテーブルコーディネートができます。

テーブルの両側を閉じると、棚と同じくらいスリムになります。床面積が広くなりますので、ヨガマットを広げてストレッチや軽い運動もできますね。

目線の高さ以上に物を置かない

参考アイテム:カラックスシェルフユニット(IKEA)

目線以上の高さに物があると、天井が低く見えて、圧迫感を感じてしまいます。まずは目線の高さに見えているものを無くしてみましょう。

窓から差し込む光が部屋全体に広がって、パッと明るくなりました。空間に余裕が出たので、とてもスッキリしましたね。棚の上には、小さな植物やオブジェなどの小物を置いてもいいでしょう。

カラックスシェルフユニットなら、IKEAのケースやボックスもぴったり収まりますよ。棚と同じ色にすることで統一感も出ます。

居心地のいい部屋にして、お家時間を楽しもう♪

部屋が広くなれば、スッキリとした心地良い部屋になり、お家にいる時間も楽しくなります。配置を変えるだけでも余裕のある空間を作り出せますので、気軽に試してみてくださいね。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手