目から鱗の活用術!「ウタマロ石鹸」の使い方おすすめ4選 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

目から鱗の活用術!「ウタマロ石鹸」の使い方おすすめ4選

もっと使いやすくなる!ウタマロの活用術

皮脂、泥、油など、どんな汚れも力強く落とすことができると評判の「ウタマロ石鹸」。サイズが大きく、濡れるとぬるぬるするので、そのままだと使いづらいことがありますよね。そんなときに試してほしい、ウタマロをもっと使いやすくする方法をご紹介します。

ウタマロ石鹸とは?

部分洗い用石鹸のウタマロ石鹸は、昭和32年に誕生。それ以来長きにわたって、日本人の衣類やキッチンの頑固な汚れを撃退し続けてきた商品です。蛍光増白剤が成分に入っているので、特に袖や首回りの皮脂汚れ、靴下の黒ずみなどの処置に効果を発揮します。

ウタマロを使いやすくする方法1. ケースに入れてスティックマロ

ウタマロ石鹸は、汚れに直に塗りつけて使うのが一般的な使用方法ですが、濡れた石鹸は滑りやすいので直塗りが大変なこともありますよね。そんなときは、ウタマロの専用ケースやおしゃれ100均「セリア」の「直塗りバタースティック」というアイテムを使ってみましょう♪

まずは、ウタマロをラップに包み、電子レンジ500Wで20秒間温めます。

こうするとやわらかくなるので、セリア「直塗りバタースティック」のサイズに合わせてカットしたり、固定したりしやすくなります。

これで、シャツの首回りや袖、靴下などの汚れに直塗りしやすくなりますね。

ウタマロを使いやすくする方法2. 小さく切ってチビマロ

使っていくうちに溶けてベチャベチャになった石鹸って、なんだか汚い感じに見えますよね。洗面所、特に水回りははいつでもキレイにしておきたい場所なので、気になる人もいるはず。

そんなときは、ウタマロを小さなキューブ状にカットしておくと◎ 大きさは、一回で使い切れるサイズにカットすると便利です。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手