ジメジメからさよなら!衣類の生乾きを防ぐ干し方&対策グッズ – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

ジメジメからさよなら!衣類の生乾きを防ぐ干し方&対策グッズ

厚手の衣類も大丈夫!生乾きを防ぐ干し方をご紹介

寒い季節に大活躍する、厚手のニットやパーカー。おしゃれですが、一旦洗うと乾きにくいため、生乾きになってしまうことも。それを防ぐための、洗濯物の干し方をご紹介します。特別なアイテムは使わず、いつも使っているハンガー、そして輪ゴムだけでOK!梅雨や台風で洗濯物を干せないときにもオススメの方法なので、ぜひチェックしてみてください♪

生乾きを防ぐ干し方1. おばけ干し

秋冬のおしゃれな厚手のニットは、【おばけ干し】にすると乾きやすいですよ。

おばけ干しとは、袖をハンガーにかけて「うらめしやポーズ」を作ること。こうすることで重量が分散するので、乾きにくい袖部分が乾きやすくなります。

使用するのはハンガー2本だけ。今日からすぐに実践できますね!

生乾きを防ぐ干し方2. 逆さ干し

厚手のパーカーのフード部分って、なかなか乾かないですよね。そんなときは、クリップが付いたパンツ用ハンガーを使って【逆さ干し】するのがオススメです!

やり方は簡単!パーカーを逆さに干して、

フードをしっかりと伸ばして形を整えます。

ちょっとした手間ですが、これだけで乾く速さが段違い♪ パンツ用ハンガーがない場合は、物干し竿やポールの端や椅子の背もたれ部分にフードをかけるようにして乾かすのも効果的です。フード部分を広げて、空気に触れるようにしましょう。

生乾きを防ぐ干し方3. 空間干し

厚手のカットソーは、全体的に乾きにくいのが悩み。そんなときはハンガーふたつに輪ゴムを使って対策してみましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手