私にもできる!網戸がガタついた時の補修方法をご紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

私にもできる!網戸がガタついた時の補修方法をご紹介

網戸がスムーズに動かない!そんなときの対処法

おうちの網戸がガタついたり、開閉がスムーズにいかない時はどうしていますか?そのままにしていると、状態が悪化して開かなくなることもあるので、できるだけ早めに対処しましょう。業者さんに依頼をしなくても、自分でできる網戸のガタつきの補修方法をご紹介します。

「網戸のガタつき」を直す方法

いくら力を入れて開閉しようとしても、動かない。そんな時は、無理やり動かさずに自分で補修をしてみましょう。簡単なので、DIYや力作業に自信がないという人でも楽に行えますよ。

1. 網戸を外す

まずは、網戸を外しましょう。両端を持って上に引き上げると、スッと外すことができますよ。

2. 溝や隙間を掃除する

網戸の開閉口の溝には、細かい汚れがたまりがちです。蓄積するとガタつきの原因になってしまうため、歯ブラシを使いきれいに掃除をしてください。

頑固な汚れがある場合には、掃除機で吸い取るのもおすすめです。この場所をできるだけきれいにすることで、網戸をスムーズに動かすことができます。

汚れを取り除いた後は、布できれいに拭き取ってください。洗剤を使わなくても、少し湿らせた布で拭き取った後に乾いた布で2度拭きすれば、きれいになりますよ。ピカピカの状態だと、網戸の滑りがよくなります。

網戸の細かい隙間も、歯ブラシを使えばきれいにすることができます。方向を変えながら、普段が手の届かない場所まできれいにしてみてくださいね。

3. 潤滑油をつける

仕上げに、網戸が滑りやすくなるよう潤滑油をつけておきましょう。開閉口の全体に、満遍なくスプレーしてくださいね。この時、必ず窓を空けてから行うようにしましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手