シンクの撥水には「ガラコ」がおすすめ!簡単に水切れをよくする方法 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

シンクの撥水には「ガラコ」がおすすめ!簡単に水切れをよくする方法

シンクの撥水は「ガラコ」を使えばOK!

シンクを使い続けていると、いつの間にか水切れが悪くなっているな、と感じることってありますよね。そのまま使い続けていると、さらに水切れが悪くなり、撥水効果も落ちていってしまいます。

そんなん時は、車のガラスに使われる「ガラコ」がおすすめ!なんと、ガラコをシンクに使うことで、とっても簡単に撥水効果を復活させることができるんですよ。

シンクの撥水コーティングを復活させる方法

1. シンクの汚れを落とす

まず、いつもの食器用洗剤とスポンジを使い、シンクの汚れを落としましょう。側面もしっかりきれいにしてください。

泡が残らないよう、水できれいに流します。

2. 水分を拭き取る

きれいになったシンクに残っている水分を、乾いた布で拭き取っていきましょう。水分が残っているとガラコの効果が発揮されないので、丁寧に行ってくださいね。その後、さらにシンクを乾燥させておきます。

3. ガラコをシンクに塗る

ここで、ガラコの登場です。車用に使っているものは汚れが付着している可能性があるので、できるだけ新品を準備する様にしてください。手荒れを防ぐために、手袋をしておくのがおすすめです。

少し押さえるすると、ガラコは塗りやすくなります。シンク全体に行き渡るよう、丁寧に塗っていってください。

側面もしっかり塗っておくことで、シンク全体の水切れがよくなり、清潔な状態をキープしやすくなります。

4. 乾拭きする

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手