ガンコな汚れもスッキリ!お風呂のカビを落とす方法と予防のコツ – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

ガンコな汚れもスッキリ!お風呂のカビを落とす方法&予防のコツ

お風呂にカビができる原因

いつの間にかお風呂の天井や壁にポツポツと出現するカビ。撃退するのに苦労していませんか?お風呂に生えるのは主に黒カビですが、お風呂のフタや排水口付近などでは赤カビ(ピンク色のヌメリ)もよく見かけますよね。

実はこの赤カビはカビではなく、酵母菌の一種なんです。ですが赤カビを放置しておくと黒カビの発生源になってしまう上、増殖するスピードが速いので、見つけたらすぐに退治したいものです。

では、カビはどんな条件で増殖してしまうのでしょうか。

温度・水分・栄養で増殖

カビが活発に活動する条件として、「温度」「水分」「栄養」の3つが挙げられます。つまりこの3つが揃うことによってカビがウジャウジャと増えていくんですね。ではその条件をひとつひとつ見ていきましょう。

カビが増殖しやすい「温度」は20℃~30℃と言われています。なんとなく高温になればなるほどカビが発生しやすいイメージですが、実は普通の室温で増殖してしまうんですね。カビは「水分」がないと生きていけません。カビが好む湿度は70%以上。やはりカビは多湿が好きなようです。そしてカビの「栄養」とはカビのエサのこと。お風呂でエサになるものといえば皮脂や石鹸カスなどでしょう。

原因菌は1年中いる?

お風呂には常に「温度」「水分」「栄養」がバッチリ揃っていることが分かりました。寒い時期はあまりカビが目立ちませんが、実は低温だとカビが黒くなりにくいだけで、条件が整えばちゃんと生息しているんです。

ということは逆に、この3つの条件を解消すればカビの増殖を抑えることができるということになります。それには、使用後すぐに窓を開けて風通しを良くし、熱をこもらせない、あれば換気扇や乾燥機をつけて浴室を乾燥させる、壁や浴槽の汚れをしっかり洗い流してエサの元を断つ、などが効果的でしょう。

お風呂の「カビ取り剤」の上手な使い方

いくら気をつけていてもカビの生命力は強く、菌を死滅させないかぎりカビは見えないところで増殖し続けます。そんなとき活躍してくれるのが市販の「カビ取り剤」です。お風呂のカビ取りに有効なのは「塩素系カビ取り剤」でしょう。塩素系カビ取り剤は効果が高いですが、その分、人体への注意が必要です。必ず換気をし、メガネ、マスク、手袋を忘れずに。一般的にはカビ部分の水分を拭き取り、直接スプレーし、数分置いたあと水で流します。

パッキンのカビ取り方法

パッキンやホースについたカビはとても頑固で落としにくいもの。そんなときはパッキンやホースを少しだけ濡らしてティッシュペーパーを巻き、その上からカビ取り剤をスプレーします。ティッシュは何枚も重ねると中まで薬剤が届かない可能性があるので、1枚か2枚で十分です。数分置いたら水で流しましょう。

お風呂のカビを予防する方法

生えてしまったカビはカビ取り剤で撃退しますが、基本的には「カビ取り」よりも「カビ防止」に力を入れるのがおすすめ。防カビスプレーや防カビ燻煙剤などが販売されているので、それを利用するのもひとつの手です。ですがここでは、薬剤なしで簡単にできる防カビの方法をご紹介しましょう。

カビは高温に弱い

実はカビは高温に弱いんですね。なので浴室の隅っこや排水口など、カビの生えやすいところに熱湯をかければOK。熱湯といっても55℃のシャワーで十分です。気になる場所に90秒以上かけるだけで効果が期待できますよ。

天井はフロアワイパーで

浴室の天井は見えないカビ菌がいっぱい。手の届かない天井は取っ手の長いフロアワイパーにキッチンペーパーをセットし、アルコールスプレーを吹きかけて拭きましょう。

こまめにお手入れを

カビは生き物なので、放置しておくとどんどん増殖してしまいます。市販の防カビ剤やカビ取り剤を上手に利用しながら、使用後に熱湯をかける、窓をあける、など普段のちょっとしたひと手間を心掛けたいですね。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手