初心者でも失敗なし。ワインオープナーがないときの裏ワザ – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

初心者でも失敗なし。ワインオープナーがないときの裏ワザ

オープナーがなくてもワインは開けられる!?

ワイン通なら持っているワインオープナーですが、ワイン初心者にとってはオープナーまでは気が回らないかもしれませんね。グラスを準備していざ開封!となったとき「あ。栓が開けられない」と気付くこともあるでしょう。また、友達の家やキャンプ場にワインを持参したはいいけれど、「オープナーを忘れた」ということがあるかもしれません。

そこで今回は、ワインオープナーがなくて困った、というときに使える解決法をご紹介します。

1. ライターで炙る

コルク栓の根本部分をボトルの外からライターで1分ほど炙ると、温まって中の空気が膨張されるので、コルクがスポンと抜けます。これによりワインの温度が上がることはありませんが、ヤケドに注意してくださいね。プラスティック製のボトルにこの方法は使えません。

2. 釘をコルクに刺す

続いてご紹介するのは、コルクに釘をしっかり差し込み、フォークを引っかけて引っこ抜く方法です。

まずコルクに釘を刺し、ドライバーでしっかりと捻じ込みます。

釘の頭にフォークを引っかけ、そのまま引き抜きましょう。

3. 梱包用のヒモで釣る

ワインオープナーを持っていたとしても、初心者が使いこなすのはなかなか難しいものです。コルクが途中で折れてしまい、ボトルの中に残ってしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか。そんなときの解決法をご紹介します。

まず、取り残されたコルクを箸でボトルの中に落とします。

梱包用のヒモを準備し、先を裂いてからボトルの中に入れます。

ヒモを数回揺らしているうちにヒモがコルクに絡まるので、静かに引き上げるとコルクが釣り上がってきます。

初心者におすすめのワインオープナー

ひと口に「ワインオープナー」といっても、スクリュー式のものもあれば、ウイング型、ナイフ型、電動式など、いろいろなタイプのオープナーがあります。ここでは初心者にぴったりなおすすめのワインオープナーをご紹介しましょう。

スクリュープルタイプのワインオープナー

初心者におすすめなのがこちらの「スクリュープル」タイプのオープナーです。コルクにスクリューを差し込み、取っ手を回すだけで簡単に栓を抜くことができます。

amazonで見る

電動式のワインオープナー

こちらは、ボトルの口にセットしてボタンを押すだけで自動で栓を抜くことができる電動式のオープナーです。USB充電式なので電池交換の必要もなく経済的で便利。とにかく簡単に開けたいなら電動式がおすすめです。

amazonで見る

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手