絆創膏が剥がれにくくなる!覚えておきたい貼り方テクニック – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

絆創膏が剥がれにくくなる!覚えておきたい貼り方テクニック

絆創膏が剥がれにくい貼り方とは?

絆創膏を貼っても「だんだん剥がれてきてなかなか定着してくれない…」と感じたことはありませんか?特に指や肘など、よく動かす部位に貼るのは難しいですよね。外れにくくするためには、そのまま貼るのではなく、ちょっとしたひと手間が必要です。覚えておくと便利ですよ!

指先への貼り方

多くの人が剥がれやすいと感じている、指先。生活の中で動作の多い部位なので、どうしても剥がれやすいですよね。少しのひと手間で、簡単に剥がれにくくなりますよ。

1. 絆創膏の両端に切れ目を入れる

絆創膏の両橋に、ハサミで切れ目を入れます。左右同じように行ってください。

2. 指に合わせて貼る

先ほどの切れ目を開きながら、指に貼りましょう。指の形に合わせて調整しながら貼ってくださいね。

クロスになるように貼るとしっかり固定されて、関節部分にも対応してくれます。ペンを持ったりご飯を食べても、ストレスなく過ごせそうですね。

肘への貼り方

指と同じくらい、肘も貼りにくい場所です。服の中で気づかない間に剥がれ落ちてしまうこともありますよね。腕を動かしても安心な貼り方の裏ワザををご紹介します。

1. 絆創膏を切る

正方形、もしくは長方形の絆創膏を用意しましょう。このように、1つの辺に切れ目を入れ、3つの辺は小さくカットします。

切り終わると、このような形になりますよ。

2. 肘に貼る

二の腕側に、切れ目を入れた辺がくるように貼りましょう。カットした3辺でフィットするように調整しながら行ってください。これなら、服を着ても安心!腕を動かしても剥がれにくいですよ。

かかとへの貼り方

かかとへの貼り方は、膝に貼るときも応用できますよ。使うのは、肘と同じく四角の絆創膏です。

1. 絆創膏を切る

先ほどの肘への貼り方と似ていますが、今回は4辺全てをカットします。

このような形になればOKですよ。

2. かかとに貼る

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手