翌日まで残さない!「にんにくのにおい」の消し方とは? – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

翌日まで残さない!「にんにくのにおい」の消し方とは?

「にんにく」のにおいの原因とは?

にんにくのにおいのもとは、にんにくが持つ成分だと言われています。調理前に強いにおいはありませんが、刻んだり潰したりして傷がつくことで発生。そのため、食後においが気になるのですね。 そんなにんにくですが、お肉料理やチーズ料理などをよりおいしく、香り高くしてくれる香味野菜でもあります。時には思いっきりおいしく食べたいもの。そんな時におすすめな、翌日まで残さないにんにくのにおいケア方法をご紹介します。

食前にできるにんにくのにおい対策

・牛乳を飲む

にんにくのにおい対策は、実はにんにくを食べる前からでもできるんですよ。にんにくのにおい対策としてよく言われているのが、食前にコップ一杯の牛乳を飲むこと。にんにくのにおいのもとを、牛乳のたんぱく質が包み込んでくれるんだそう。

amazonで見る

食中にできるにんにくのにおい対策

・チーズと一緒に食べる

牛乳と同じ、乳製品のチーズもたんぱく質たっぷりの食材です。にんにく料理はぜひ、チーズと一緒に食べることをオススメします。

・コーヒーを飲む

コーヒーに含まれるタンニンは、消臭効果が見込める成分。特にタンニンが多いのはブラックコーヒーと言われているので、食事中にはもちろん、食後のいっぱいにブラックコーヒーはいかがでしょうか?

amazonで見る

食後にできるにんにくのにおい対策

・お茶を飲む

にんにくを食べた後には、紅茶やお茶など、消臭効果があるカテキンやフラボンが入った飲み物を飲むのもおすすめです。

amazonで見る

翌日の「にんにくのにおい」を消す方法5選

1. 内側からケア!「入浴」して汗を流す

にんにくを食べた日の夜は、シャワーから入浴にチェンジ!にんにくは口臭だけではなく、体臭になってしまうことも。汗をかくことで、にんにくのにおいのもととなる毒素を体外へ放出できると安心ですね。入浴スタイルは、長く使っていられる半身浴がオススメ♪ ミネラルウォーターを飲みながら、長く浸かると汗をかきやすいですよ。

2. 体をリセット。「水」を飲む

体内の古いもの、悪いものは、お水を飲んで汗や尿として外へ放出するのが一番!にんにくを食べる前には牛乳やお茶を飲むといいと言われていますが、にんにくを食べた翌日はたっぷりのお水を飲んで、老廃物もろとも取り除いてしまいましょう。

3. 代謝を整える!ジムやジョギング、ヨガなどで「汗を流す」

入浴同様、汗を流すことは、にんにくのにおいをはじめとした体の内側に溜まったものを出すのにうってつけの方法。外でのジョギングやジムなどに通うのもいいですし、ヨガマットやダンベルなどがあれば、おうち時間を使って取り組むことができるので便利です。

4. 手軽にできるケア方法。「ブレスケアやガムを噛む」

お口の香水と呼ばれることもある、カプセルやタブレット状の息清涼製品。噛んでにおいを消すタイプや、水に溶かすタイプ、においを和らげるタイプなど、種類も豊富。にんにくを食べてすぐの場合は噛んでにおいを消すタイプを使用し、翌日は噛んでにおいを和らげるタイプなど、使い分けてみるのも効果的ですよ。

5. 必ずしておきたい「歯磨き」をする

にんにくのにおいのもと「アリシン」は、空気に触れることで酸化、においを強めると言われています。なるべくにんにくを口の中に残さないように、いつでもどこでも磨けるといいですよね。携帯用の手磨き用歯ブラシや電動歯ブラシがあれば、お店でにんにくを食べてすぐや、仕事中に昨日食べたにんにくのにおいが気になるといったときも、さっと使えて便利です。

これでにんにく料理も怖くない♪

おいしいにんにく料理ですが、次の日に予定があるとなかなか食べられないことも多いですよね。そんなときは、この記事でご紹介したようなにおい消しの方法を参考にすれば問題なし。あわせてご紹介したアイテムも使って、万全にしましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手