家の中でできちゃう「ながら運動」でリモート疲れを解消しよう♪ – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

家の中でできちゃう「ながら運動」でリモート疲れを解消しよう♪

家でもできる「ながら運動」で体を動かそう!

おうちの中で過ごす時間が増えると、運動不足になりがちですよね。そんなときには、家の中でもできる「ながら運動」で体を動かすのがおすすめですよ。運動不足の解消になるだけでなく、体がほぐれるので気持ちもスッキリしますよ。

1. 「掃除機」をかけながら足のストレッチ

毎日かける人が多い掃除機は、運動をする絶好のチャンス。足を開きながら掃除機がけをすることで、自然とストレッチができちゃいます。ゆっくり体を動かすことで、掃除もストレッチも丁寧に行えますよ。

体に痛みを感じる人は、無理をせずに行ってくださいね。

2.「洗濯物」を干しながら上下運動

洗濯物を干す時も、体を動かしながらやってみましょう。スクワットをするように、体を上下に動かしながら洗濯物を干します。10分程度のちょうどいい時間なので、軽い運動をするには最適なタイミングとも言えますね。

3. ねじり運動をしながら「洗濯物」をたたむ

洗濯物をたたむ時にも、ひと工夫。足を開き、ねじり運動をしながら畳んでみてください。できるだけ体を大きく動かすことで、運動効果もアップ!お子さんと一緒に楽しむのも良さそうですね。

4.「食器洗い」をしながら足の運動

時間がかかりがちな食器洗いのタイミングで、足の開閉運動にも挑戦してみましょう。片足を開閉するように、ゆっくり動かしてストレッチ。普段動かさない足の筋肉がほぐれるので、気持ちいですよ。

5.「メイクをする時」も運動を意識

座ってメイクをする時に、両足でクッションを挟んでみてください。たったこれだけでも、足の筋肉を使うことになるので、運動不足解消に繋がりますよ。足を組めなくなる点も嬉しいですね。

痛みを感じる場合は無理をせず続けよう!

おうちの中でできる「ながら運動」は、思いついた時にできるのが大きな魅力です。普段行っている家事や身支度の合間に、少しずつ体を動かしてみませんか?運動不足が気になる人や、リモートワークで疲れが溜まっている人にもおすすめですよ。

ただし、体に痛みを感じる場合は、無理をしないでくださいね。自分のできる範囲で、少しずつ体を動かしてみましょう!

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手