シャキシャキ感を楽しむ。「もやし」のベストな茹で時間は? – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

シャキシャキ感を楽しむ。もやしのベストな茹で時間は?

もやしのおいしい茹で時間は?

茹ですぎたもやしは、ヘナヘナでおいしくありませんよね。もやしをおいしくシャキっと茹であげる時間はどれくらいなのでしょう。この記事では、もやしがきっと好きになる、もっと好きになる、おいしい茹で方をご紹介します。

もやしを茹でる前に

もやしは洗う?洗わない?で議論になることがありますが、匂いが気になるならしっかり洗うのがおすすめです。大きめのボウルにたっぷりと水を張り、もやしを入れて手でやさしく洗います。洗ったら少しずつ手にとり、豆の皮やヒゲを取りながらザルに上げましょう。このひと手間で見ためがきれいになるだけでなく、シャキシャキ食感もアップするんですよ。

もやしのおいしい茹で方

1.鍋にたっぷりの湯を沸かします。もやし1袋に対し、水1.5~2リットルが目安です。

2.お湯が沸騰したら、酢(小さじ1杯)と塩(小さじ1/2杯)を入れ、もやしを入れます。

3.茹で時間は30秒~1分!

4.もやしが茹であがったらザルに上げ、そのまま冷まします。

もやしを上手に茹でるコツ

ポイントはお湯だけでもやしを茹でるのではなく、酢と塩を入れること。これにより匂いを取り除くことができ、白くきれいに仕上がります。そして茹で時間は1分以内。短時間でサッと茹でることでシャキシャキ食感が残るんですね。

茹でた野菜を水にさらすという工程をよく目にすると思いますが、もやしは水にさらすと水っぽくなってしまうので、自然に冷めるのを待ちましょう。

レンジでもやしを茹でる方法

手軽にもやしを茹でたいなら電子レンジがおすすめ。もやしを洗ったら耐熱容器に入れ、フタ、またはラップをします。500wのレンジで2分ほど加熱したらできあがり。電子レンジの機種やもやしの種類によって茹で具合が変わってくるので、様子を見ながら加熱してくださいね。

茹でたもやしで作る簡単ナムル

材料

茹でたもやし…1袋分

しょうゆ、ごま油…各小さじ2杯、すりおろしにんにく、鶏ガラスープの素…各小さじ1杯、すりごま…大さじ1杯

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手