おいしさ長持ち!ブロッコリーの冷凍方法とおすすめレシピ – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

おいしさ長持ち!ブロッコリーの冷凍方法とおすすめレシピ

ブロッコリーは冷凍保存がおすすめ!

冷凍食品のコーナーでは当たり前のように目にする冷凍ブロッコリー。メイン料理の付け合わせやサラダに、シチューに、パスタに、お弁当にと、とても便利な商品ですよね。ストックしておけば何かと重宝する冷凍ブロッコリーは、自宅でも簡単に作ることができます。今回は、栄養も味も食感もそのままキープ。上手なブロッコリーの冷凍方法と解凍方法をご紹介しましょう。

ブロッコリーを冷凍保存する方法

1.  ブロッコリーを茹でる

ブロッコリーを小房に分け、熱湯で30秒ほど茹でます。

2. 冷まして水気を拭き取る

素早く流水で冷まし、キッチンペーパーなどで1房1房しっかりと水気を拭き取ります。

3. フリーザーバッグに入れて冷凍する

ジッパー付きのフリーザーバッグに1回分ずつ入れ、空気を抜いてジッパーを閉じて冷凍庫へ。

茹でるときのコツと、茹でてから冷凍するメリット

茹でる際は栄養価や食感を落とさないため、30秒以上加熱しないようにしましょう。フリーザーバッグに入れる際はしっかり水切りを。一度茹でているので、すぐに調理できる上、ボロボロと型崩れしにくくなるので料理がきれいに仕上がります。

ブロッコリーは生のままでも冷凍できる

ブロッコリーは茹でて保存したほうが圧倒的に便利ですが、生のまま冷凍する方法もあります。小房に分けたブロッコリーの水気をしっかり切り、フリーザーバッグに入れて冷凍保存します。

生のまま冷凍するメリット

ブロッコリーを生のまま冷凍すると、茹でてから冷凍するよりもさらに栄養価や食感が残ります。そして緑色がとても鮮やかです。

冷凍ブロッコリーの保存期間

ブロッコリーは冷蔵では2日~3日ほどで変色してしまいますが、冷凍保存なら1ヶ月以上日持ちします。一度解凍したブロッコリーを再解凍するのはNGなので、使い切ることができる量に小分けして冷凍しましょう。

冷凍ブロッコリーの解凍方法

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手