「蓮根」って冷凍できるの?保存のポイントと注意点をご紹介! – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

「蓮根」って冷凍できるの?保存のポイントと注意点をご紹介!

蓮根って冷凍できるの?

蓮根は冷蔵庫に入れておいてもすぐに黒ずんできたりカビが生えてきたりと、あまり長持ちしない野菜です。蓮根は水の中で育つため、光や空気に触れることが嫌いなんですね。そんな蓮根を日持ちさせるには冷凍保存がおすすめです。

だけど蓮根を冷凍するとなんだかあの心地良い食感がなくなってしまいそう……。そんなふうに思っている方も多いようですね。実は蓮根は正しく冷凍すればシャキシャキのまま保存できるんです。今回は上手な冷凍方法をご紹介しましょう。

蓮根を冷凍する前の注意点

蓮根は光や空気に触れると一気に劣化が進みます。購入してきた蓮根は、いま使う分と使わない分に分け、使わない分はただちに冷凍するようにしましょう。

蓮根を下茹でしてから冷凍保存する方法

1. 蓮根を切る

蓮根は皮をむき、薄切り、またはお好みの形にカットします。

2. 酢水にさらす

水400ccに対し、酢小さじ1杯の割合で酢水を作り、そこに切った蓮根を入れて5分置きます。酢水にさらすことにより、変色を防ぐと共にアクを取ることもできます。

3. 加熱する

酢水にさらした蓮根を取り出し、耐熱容器に入れて電子レンジで3分加熱します。

4. フリーザーバッグに入れる

加熱した蓮根を冷ましたあと、ペーパータオルなどで丁寧に水気を拭き取ります。1回分ずつに分けてフリーザーバッグに入れ、冷凍庫へ。このとき、袋の中の空気をしっかり抜きましょう。

蓮根を生のまま冷凍保存する方法

蓮根は下茹でしてから冷凍するのがおすすめですが、生のままでも冷凍することができます。下茹でする場合と同じように蓮根を切って酢水にさらしたあと、ペーパータオルなどでしっかりと水気を拭き取ってからフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手