お弁当の上手な詰め方テクニック!おかずがズレない入れ方とは? – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

お弁当の上手な詰め方テクニック!おかずがズレない入れ方とは?

お弁当をおいしそうに詰めたい!

お弁当のおかずを詰めるのは、意外と難しいですよね。食べようと思うとおかずがズレていたり、なんだか見栄えがよくなかったり。おいしそうに見えるおかずの詰め方を知って、いつものお弁当をワンランクアップさせちゃいましょう!簡単なテクニックなので覚えておくと役立ちますよ。

おかずがズレない詰め方

きれいに詰めたのに、蓋を開けるとおかずがぐちゃぐちゃ!そんな経験のある方は多いのではないでしょうか?おかずがズレにくくなる詰め方をご紹介します。

1. いつものようにおかずを詰める

まずはいつものようにご飯とおかずを詰めましょう。 ここまでは普段と同様です。できるだけ隙間がないように詰めてくださいね。

2. 上からラップをかぶせる

お弁当の蓋を閉める前に、ラップを上からかぶせます。お弁当よりもやや大きめにカットするのがポイントです。 ラップに隙間がなくなるよう、指で軽く押しながら詰めていきましょう。おかずの隙間をラップで埋める感覚です。

3. そのまま蓋を閉めれば完成!

ラップの上からお弁当の蓋を閉めれば完成です!これでおかずがズレにくくなりますよ。 お弁当をいただくときに、ラップを外してくださいね。おかずがズレていないお弁当は、見栄えがよくなり、よりおいしそうに見えます♪

取皿いらずの詰め方

家族や仲間みんなでお弁当をいただくとき、取皿を準備するのは手間になりますよね。そんなときは、取皿いらずの詰め方テクをお試しください。

1. 紙コップを切る

準備するものは紙コップ。およそ半分くらいの高さになるよう、ハサミでカットしていきます。 紙コップをくるくる回すように動かすと、切りやすいですよ。同じものをいくつか同様に作っておきましょう。

2. 紙コップにおかずを詰める

カットした紙コップの中に、おかずを詰めていきます。 紙コップはお弁当箱と違い底が深いので、大きいおかずは縦に詰めるといいですよ。 このような感じで、彩りよく詰めてください。他の紙コップも同様におかずを詰めていきましょう。

3. 大きいお弁当箱に詰めれば完成!

紙コップのおかずを大きめのお弁当箱に詰めましょう。このとき、隙間ができないように気をつけてください。 いただくときは、紙コップごと取ればいいので取皿はなくてOK!手軽に楽しめるのが嬉しいですね。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手