シャキっとおいしく!もやしの上手な茹で方とポイントを解説 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

シャキっとおいしく!もやしの上手な茹で方とポイントを解説

もやしの基本の茹で方

ポイントは短時間で茹でること。お鍋にたっぷり1.5リットルから2リットルほどの水を入れ、沸騰させます。そのとき、大さじ1/2杯のお酢と、小さじ1/4ほどのお塩を入れると、茹で上がったもやしがキレイな白色になりますよ。

気になる茹で時間は中火の強で30秒から1分ほど。

茹で上がったもやしは、水を使って冷ますと水っぽい食感になってしまうので、水気を切って自然に冷ますようにしてください。

茹でる前にしておきたい。もやしの下ごしらえ方法

1. 洗う

もやしは、すでに洗ってからパッケージングされているので、汚れを落とすという観点からは洗浄しなくてもOK!ただし、もやし独特の臭みは、洗うことで取り除くことができます。

洗浄の際には、容器にもやしと、もやしにかぶるくらいのお水を入れてかき混ぜます。それができたら、もやしを手ですくってザルにあげましょう。容器からザルに直接あげる人もいますが、そうするとパッケージの中で細かくなってしまったもやしやひげ根も一緒に入ってしまいます。少し面倒ですが、手ですくいあげるようにしましょう。

2. ヒゲを取る

もやしを調理する前に、ひげ根を処理します。ひげ根がついたままでも特に毒になることはありませんが、ひげ根をとることで、よりシャキッとした食感になります。

水から始める!シャキシャキもやしの茹で方

1. もやしがかぶるくらいの水をフライパンに入れる

下ごしらえをしたもやしをお鍋やフライパンに入れ、そのもやしにかぶるくらいの水を注ぎます。このとき、基本の茹で方でご紹介したお酢とお塩を入れると、同じような効果が得られますよ。

2. 沸騰させる

沸騰したら、軽くかきぜて終了。茹で時間ははからず、沸騰して火が通ったなと思ったら止めます。

3. ザルにあげて、冷めるのを待つ

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手