キッチン周りをおしゃれに!使いやすくなる収納アイデア3選 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

キッチン周りをおしゃれに!使いやすくなる収納アイデア3選

キッチン周りのおしゃれな収納アイデア3選

調理道具や保存容器、食品など、モノの量も種類も多くてごちゃごちゃしがちなキッチン。毎日多くの時間を過ごす場所なので、できるだけすっきり片付いたおしゃれな空間にしたいですよね。この記事では、無印良品やダイソー、towerの収納グッズを使って、キッチン周りをすっきりおしゃれに収納するアイデアを3つご紹介します。

キッチンが片付いていると、毎日の家事の効率がアップ!キッチン仕事が楽しくなること間違いなしなので、ぜひ参考にしてください。

1.タッパーはファイルボックス×砂糖保存パックですっきり収納

タッパーはそのまま収納すると場所を取るうえに、下のモノが取りだしにくかったりしてストレスを感じていませんか?まずはタッパーをすっきり収納するアイデアからご紹介します。

用意するのは無印良品の「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ」と、

ダイソーの「砂糖保存パック」です。砂糖保存パックはフタを外して本体だけ使用します。

砂糖保存パックのフチの部分をファイルボックスに引っかけます。

タッパーの本体は重ねてそのままファイルボックスに。タッパーのフタは砂糖保存パックに、それぞれ分けて収納します。

小さいサイズのタッパーなら、砂糖保存パックの下に入れることもできますよ。

フタと本体を分けて別々にすることで、キッチンのシンク下などに省スペースで収納できます。上から見下ろしたときにどこに何があるか一目瞭然なので、調理中にサッと取り出せますね。

2.ファイルボックス×フタ×キャスターで隙間を有効活用

「モノが多くて収納スペースに入りきらない」「これ以上家具を増やす場所がない」というときには、冷蔵庫と壁の間のちょっとした隙間を利用して収納を増やしましょう。

隙間収納にも、無印良品の「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ」が活躍します。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手