食品保存だけじゃない!? ジップロックを使う「とっておき収納術」3選 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

食品保存だけじゃない!? ジップロックを使う「とっておき収納術」3選

ジップロックを使った中身がわかる収納アイデア3選

食品の保存でおなじみのZiploc のジッパーバッグやコンテナー。実はおもちゃや日用品など、食品以外の整理整頓にも使えることをご存じですか?中身が透けて見えてわかりやすいので、「どこに何をしまったかわからなくなっちゃった…」という失敗を防げます。

家の中の整理整頓はもちろん、外出先へそのまま持ち運べるのも便利です。この記事では、「Ziploc イージージッパー」と「Ziploc コンテナ―」を使った収納アイデアをご紹介します。Ziploc シリーズはスーパーやドラッグストアなどで気軽に入手できるので、ぜひ片付けの参考にしてください。

1.おもちゃを壁に吊るして収納するアイデア

つまみを動かすだけでラクに開け閉めできる「Ziploc イージージッパー」。細かい作業が苦手な小さな子どもでも使いやすいので、おもちゃの整理整頓におすすめです。

ミニカーやパズル、ブロックなどのこまごましたおもちゃの収納に頭を悩ませている方は多いのでは?イージージッパーを使っておもちゃの種類ごとに分けて収納しましょう。

シャボン玉は液漏れしてもジッパーバッグに入れておけば安心。そのまま外へ持ち運ぶこともできますよ。

無印良品や100円ショップで売っている、クリップで挟むタイプのワイヤーフックを使えば、壁に吊るして収納することもできます。

壁にワイヤーラックを吊り下げ、そこにクリップで挟んだイージージッパーをかけます。これなら小さな子どもでも、どこに何があるのか一目瞭然でわかります。片付けの習慣も自然と付きそうですね。

2.日用品をグループごとにまとめて収納するアイデア

文房具や電池など、こまごました小物の収納には「Ziploc コンテナ―」を使うのがおすすめです。

長方形や正方形などの形があり、サイズもバリエーション豊富なので、片付けたいモノのサイズに合わせて選べます。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手