子供の靴を収納するテクニック!デッドスペースの活用法とは? – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

子供の靴を収納するテクニック!デッドスペースの活用法とは?

靴箱のデッドスペースをフル活用する収納術3選

小さくてかわいらしい子供靴。成長するにつれてどんどん数が増えてしまいがちですが、靴箱のスペースは限られているので、入りきらなくなって悩んでいるお宅も多いのではないでしょうか。

この記事では、限られたスペースに子供靴をたくさん収納するためのアイデアを3つご紹介します。「備え付けの靴箱が小さくて収納スペースが足りない」「兄弟が多くて子供靴が多く、靴場に入りきらない」という方はぜひ参考にしてください。

1. ウォールポケットで靴箱の扉裏のデッドスペースを利用する

「靴箱にこれ以上靴を入れるスペースがない!」というときには、靴箱の扉裏を有効活用するのがおすすめです。

使用するのは、100円ショップなどで購入できるビニール素材のウォールポケットです。

靴箱の扉裏に数か所フックを取り付け、ウォールポケットをかけます。

ポケットひとつに片足ずつ子供靴を収納します。

扉裏のデッドスペースを有効に使うことで、靴箱の収納量がアップしました。

子供靴を移動させたぶん、棚の方のスペースが空くので、大人用の靴をゆったりと収納できるようになりますよ。

2. ホルダーで靴を立てて縦のスペースを有効に使う

靴箱に小さな子供靴をそのまま並べると、靴の上や奥のスペースが余ってしまってもったいないですよね。

靴箱内の限られたスペースを無駄なく使うためには、子供靴は並べて収納するのではなく、立てて収納するのがおすすめです。

使用するのは縦長の靴ホルダーです。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手