ここをチェック!キッチンを綺麗に見せる3つの収納ポイント – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

ここをチェック!キッチンをスッキリ見せる収納のポイント3つ

キッチンのオシャレな収納テクニック!

いざ料理を始めて「あれ、どこだっけ?」なんてことありませんか?物が多いキッチンは散らかりやすく、収納場所に困ることが多いですよね。そんなキッチンの収納は、コツをおさえれば手軽に片付けることができますよ。この記事では調味料、消耗品、冷蔵庫の賢い収納のコツをご紹介します!

調味料を収納するコツ

まずは、あちこちに散らばりやすい調味料の収納方法です。3つのポイントをおさえておけば、いつでもスッキリと片付けられるはずですよ。

1. 収納場所を分散させない

あちこちに調味料を置いておくと、必要なときに探す羽目になってしまいます。塩、砂糖はコンロ脇、粉末だしやスパイスなどは引き出し、液体類はシンク下か冷蔵庫などとルールを決めて、3ヶ所程度にまとめておくと便利ですよ。

2. 収納容器を統一する

調味料は収納容器を揃えると、見た目がスッキリしてキッチンに立つ気分も上がります♪ 容器自体を揃えなくても、色を統一してラベルを貼るだけで印象が変わりますよ。

3. 使ったら元の場所に戻す

これが一番重要です。「使ったら戻す」という単純な作業ですが、つい忘れがち。グルーピングして収納場所を限定しておけば、元の場所に戻す習慣が身につきます。

消耗品を収納するコツ

キッチンには食品以外にもこまごまとした消耗品があります。これらが散乱していると、キッチンが散らかった印象に。アイデア次第で、見栄えよくコンパクトにまとめられます。

1. ファイルにいれて、タグをつける

ファイルに移し替えてタグをつけておけば、中身は一目瞭然。すぐに取り出せます。

2. ファイルボックスにまとめる

自分なりに分かりやすくグルーピングして、ファイルボックスにまとめておけばコンパクトにまとまりますよ。

3. 棚や引き出しに並べる

ファイルボックスを統一して並べれば、インテリアに溶け込んで見えます。中身は見えないので、急なお客様のときはとりあえず放り込んでもOK!ファイルボックスなら、シンク下や食器棚に入れても目立ちませんね。

冷蔵庫の収納のコツ

キッチンで目に付く家電といえば「冷蔵庫」。オープンタイプのキッチンだと、開け閉めのたびにお客様の目にも入りますよね。ケースなどを使ってざっくりと仕分けしておけば、自分にとっても使い勝手のいい冷蔵庫になるはず。

1. 収納グッズの色を統一する

白やクリアなどで収納グッズを揃えると、清潔感があります。冷蔵庫を開けた瞬間、整った印象も与えるので一石二鳥。

2. 用途でまとめて、ラベリングする

 

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手