冷蔵庫のスッキリ整理整頓ポイント!ごちゃつく原因と解決法 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

冷蔵庫のスッキリ整理整頓ポイント!ごちゃつく原因と解決法

冷蔵庫がごちゃつく原因

1. 入れる場所を決めていない

とりあえず冷蔵庫に入れておけば大丈夫。そんな気持ちから、空間をみつけて食品を詰め込んでいませんか?どこに何があるのか把握しきれず、必要なときに見つからなかったり、同じものを買ってしまったりする失敗も。入れる場所は常に決めておくのがおすすめです。

2. 必要なものを奥に入れている

冷蔵庫は奥行きがあるため、つい手前のものから使ってしまいがち。その結果、取り出しにくい奥の方は賞味期限切れの温床になっています。定期的に冷蔵庫の中身を整理して、予防したいですね。

3. スペースを活用できていない

棚板やポケットなど、冷蔵庫のスペースをうまく活用できていますか?既存のパーツをそのままで使おうとすると、せっかく容量の大きい冷蔵庫を買っても無駄なスペースを作ってしまいます。自分の使い方に合わせて、スペースを有効活用してみましょう。

トレーを使う冷蔵庫の整理方法

白や半透明のケースは、キッチン周りでは鉄板の収納ツール。全体に統一感が生まれて、清潔な印象になります。おすすめは、浅いケースを使うこと。ケースを引き出せば奥に何が入っているかわかるので、在庫管理をしやすくなりますよ。

用途に合わせて必要なものをまとめておくと、ケースごと食卓や調理台に出すことで時短になります。忙しい朝や、ご飯の支度、お弁当作りに大活躍。お子さんのお手伝いもしやすくなりますね。ラベリングは、家族みんなが分かりやすいワードにするといいですよ。

ケースを使う冷蔵庫の整理方法

深さのある野菜室は、整理整頓が難しい場所のひとつ。袋に入ったまま放り込んでしまうと、下に入れた野菜から痛んでしまいます。食品ロスを軽減するためにも、野菜室の整理は重要ポイント。

このようにボックスごとに立てる収納にすれば、上から見ただけで残数もチェックできます。使いかけの野菜は、ひとつのケースにまとめておくと調理がスムーズに。

調味料の整理方法

調味料はドアポケットを使うことが多いと思いますが、容器を統一してラベルを貼ると見た目だけでなく、ポケットのスペースを無駄なく使えます。また和食、洋食、中華など料理の種類別に調味料をトレー管理するのもおすすめ。トレーにまとめるので、容器を移し替える手間がかかりません。

冷蔵庫の整理に役立つ便利グッズ

・蓋つきケース

魚や肉、下処理済みの野菜などを蓋つきのケースに入れて保存すれば、そのまま冷凍もできます。

作り置きしているおかずなども容器を統一して、ラベリング。マスキングテープの色で、主菜や副菜、デザートなど色分けするのもいいですね。

・メイクボックス

半透明のメイクボックスは、冷蔵庫の整理にピッタリ! 高さのあるものは野菜や飲料に、低いものはいろいろな食品を保存しておくのに最適です。取っ手付きは、引き出しやすいので賞味期限切れも防げます。高低差を利用して、棚板の高さを調整しましょう。

冷蔵庫を整理して調理をスムーズに!

毎日何度も開け閉めする冷蔵庫の中が整理されていると、必要なものがすぐに取り出せるので節電にもつながります。ストレスなく食事の準備や食材の保管をするためには、冷蔵庫収納の見直しが一番。収納グッズを上手に利用して、整理整頓してみましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手