今日からできる!取り出しやすい「タオル」のたたみ方&収納術 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

今日からできる!取り出しやすい「タオル」のたたみ方&収納術

タオルはたたみ方で取り出しやすさが変わる

タオルは毎日使うもので量も多く、収納に困っていませんか?無造作に積み上げていると見栄えも悪い上に、重なり合って取り出しにくいですよね。そんなタオルは、たたみ方ひとつでスッキリ収納でき、驚くほど取り出しやすくなるんですよ。この記事では取り出しやすい収納テクニックをお届けします。

きれいに収まるタオルのたたみ方

使用頻度の高いフェイスタオルのたたみ方を3種類ご紹介します。

タオルを取り出すとき何枚か重なって出てきてしまうのは、タオルがごちゃついて端っこが分からなくなるから。シンプルながらも使い勝手のいいフレンチ折りを取り入れてみてください。

【フレンチ折り】のたたみ方

1.タオルの両側を谷折りする

タオル両側の長辺を中央まで谷折りにします。

2.左右を谷折りする

左右を中央まで谷折りにします。

3.二つ折りにする

最後にそれを二つ折りにしてでき上がり。

二つ折りにした背中部分を手前にして積み上げていけば、タオルの端が見えないため、複数のタオルを引っ張り出してしまうことがありません。これでスッキリ!

続いてご紹介するのは筒状のたたみ方です。巻き終わりが緩まないタオルの巻き方とは?

【筒状】のたたみ方①

1.タオルを半分に折り、三角にする

タオルを二つ折りにし、片方の角が三角になるように折ります。

2.巻く

折っていないほうからクルクル巻いていきます。

3.角を中央に押し込む

最後に三角形の角を中央に押し込んででき上がり。

こうして巻いたタオルは端が緩んでこないので、カゴに入れて「見せる収納」にもおすすめ。

【筒状】のたたみ方②

1.長辺を谷折りする

タオル両側の長辺を谷折りにします。少しでOKです。

2.短辺は片方だけ谷折りする

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手