きれいに整理整頓。キッチンの引き出し収納アイデア – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

もうごちゃつかない!キッチンの引き出し収納アイデア

収納上手なキッチンの引き出し活用法とは?

キッチンには大きさ、形、使う目的、使う頻度などの違う様々な道具がたくさんあります。美しくすっきりしたキッチンとは、それらのモノが外に溢れ出していないこと。そのためキッチンの引き出しを効率的に活用することがポイントとなります。

では、使い勝手のよい引き出し収納とはどんなものでしょうか。

取り出しやすい

毎日使うキッチンでは、取り出しやすいことが一番のポイントです。モノがごちゃごちゃ重なっていたり、奥に入り込んでいたりすると、いざ使おうと思ったときストレスになりますよね。引き出しを開けたらワンアクションでサッと取り出せる工夫をしましょう。

分類されている

調理中は手を止めることが味付けの命取りになることも。そのため菜箸やおたまなどの小道具や調味料などはすぐに取り出せる場所に置いておくことが重要です。どこに何を収納しているのか分からないなんて言語道断!種類や使い道ごとにきちんと分類しておきましょう。

スペースに余裕がある

引き出しにモノを詰め込み過ぎると、引き出しの開閉時に中身が引っ掛かったり、大きなモノの下に小さなモノが入り込んだりして取り出しにくく、これもまたストレスの原因になります。そのためサイズや形を揃え、ゆったりと収納するようにしましょう。深い引き出しには鍋、浅い引き出しにはカトラリーを収納するなど、引き出しの深さを活用するときれいに収まりますよ。

ここからは、引き出し収納アイデアの実例をご紹介します。

【食器・カトラリー】のキッチン引き出し収納アイデア

食器やカトラリーはただぐしゃっと放り込んだり積み上げたりせず、種類ごとに分別してトレイやケースに収めるのがポイント。トレイやケースは100均で手に入るもので十分です。スプーンやフォークなどは種類だけでなく、サイズを揃えるときれいに収まります。ケースに緩衝材を敷き、その上にカトラリーを入れましょう。

引き出しに入れる際はトレイやケースを重ねないで、ひと目見て何が入っているか分かるように、浅めの引き出しに並べるといいですよ。引き出しを開けたときのワンアクションを心掛けましょう。

【調味料・食品】のキッチン引き出し収納アイデア

よく使う調味料は引き出しにしまい込むのではなく、すぐ手の届く場所に整理して置いておくと便利です。逆にストック用の調味料や食品は出しっぱなしにせず、缶、レトルト、粉モノ、お菓子……というように種類ごとに分別します。それを収納ボックスに入れてから引き出しに収めるとごちゃごちゃになりません。ボックスの中には食品をなるべく立てて並べると見やすいですよ。

【調理器具】のキッチン引き出し収納アイデア

鍋やフライパンはブックスタンドや書類ケースを使い、立てて収納すると取り出しやすく、きれいに収まります。ひとつひとつ仕切りを設けることで、大きなモノを取り出したときでも雪崩を起こしません。

キッチンの引き出し収納は導線も大切

キッチンでは、ガス台で使うものはガス台の下に、シンクで使うものはシンクの下に、調理台で使うものは調理台の下に収納するのがおすすめ。さらにまな板と包丁、スポンジと洗剤など、同時に使うものはセットにしておくといいですね。調理中の導線を少なくすれば効率も上がるはずです。ぜひ実践してみてくださいね。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手