食器収納のコツは「選ぶ・分ける・スペース活用」おしゃれな実例集も – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

食器収納のコツは「選ぶ・分ける・スペース活用」おしゃれな実例集も

食器を上手に収納するポイント

食器は形・大きさがバラバラなので、何も考えずに収納するとごちゃごちゃになってしまいます。食器を上手に収納するポイントは3つあります。

必要な食器を選ぶ

食器棚には、必要な食器のみ収納するようにします。使わない・趣味が合わない・欠けている食器はありませんか?すぐには捨てられないという人は、とりあえずまとめて違う場所に保管しましょう。

種類別に収納する

大皿、中皿、コップ、カトラリーなど、食器の種類を分けます。よく使用する食器を一番取り出しやすい位置に収納するのがポイントです。重たい食器はできるだけ下の方に収納しましょう。

限られたスペースを活用する

家の収納スペースには限りがあります。安易に収納棚を購入せずに、まずは今あるスペース内に工夫して収納しましょう。スキマやデッドスペースを上手に活用すれば、たくさんの食器を収納することができますよ。

種類別の食器の収納術

食器の種類別におすすめの収納法を紹介します。使用頻度と食器棚のスペースをよく考えて、最適な場所に収納しましょう。

大皿

大皿は食器棚の一番下に立てて収納するのがおすすめです。書類収納ケースを使用すると、まとめて収納できます。

中皿、小皿

中皿、小皿は、量が多くて食器棚の中であふれがちです。同じ種類や形の食器同士を重ねて収納しましょう。棚の高さいっぱいまで積み上げると、奥のものが取り出しにくいので、手が入るスペースは開けておきます。

コップ

右利きの人なら、食器棚の右側の片手でスッと取れる位置に収納すると便利です。棚の奥行に合わせて縦一列に並べると、前から見たときにスッキリします。

茶わん

茶わんは頻繁に使用するので、汁わんとセットにして最も取り出しやすい位置に重ねて収納します。

カトラリー

食器棚の浅い引き出しに収納しましょう。ニトリの伸縮ケースは、引き出しの幅に合わせて伸縮させることができるのでおすすめです。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手