乾物の収納アイデア3選!書類用グッズでかしこく保存する方法とは? – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

乾物の収納アイデア3選!書類用グッズでかしこく保存する方法とは?

乾物類をかしこく収納するテクニックとは?

ひじきや切り干し大根、乾燥わかめなど、袋入りの乾物は探すのに時間がかかりませんか?ぐちゃぐちゃになってしまって、うんざりすることも多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、袋入りの乾物類を取り出しやすく収納するテクニックを3つご紹介します!

「ジッパーバッグ×スライドバー×収納ボックス」で乾物収納

乾物はそれぞれ袋の大きさがバラバラで、特に小さいサイズの袋は底の方に沈んでしまいがちですよね。そこで、すべての乾物のサイズを統一するために、ひとつひとつジッパーバッグに入れて収納しましょう。ジッパーバッグに入れただけでは自立しにくいので、吊るして収納する方法がおすすめです。

ジッパーバッグを吊るして収納するためには、書類保管用のスライドバーが使えますよ!ジッパーバッグのジッパーの上の部分を少し折り曲げて、スライドバーを取り付けます。

スライドバーの長さよりも短い幅の収納ボックスを使うと、スライドバーがボックスに引っかかるので、乾物を吊るして収納できます。

書類を探すときと同じように、スライドバーの部分を持ち上げて探せるので、使いたい乾物を素早く取り出すことができます。

「ジップロック×スライドバー×つっぱり棒」で乾物収納

収納ボックスを置くスペースが確保できないときには、つっぱり棒を使ってキッチンのデッドスペースを活用しましょう!キッチンの家具どうしの間や、冷蔵庫と壁のすき間など、微妙に空いている空間はありませんか?

つっぱり棒を2本平行に取り付けると、ちょっとした隙間に棚を作ることができます。上で紹介したアイデアと同じように、乾物はジップロックに入れてスライドバーを取り付けましょう。

つっぱり棒どうしの間隔がスライドバーよりも短くなるように調整すると、スライドバーをつっぱり棒にひっかけて、乾物を吊るして収納できます。

この方法なら、横から見てもジッパーバッグの中身が分かるので、探すのに時間をかけることなくサッと使えます。

「ファイルケース」で乾物収納

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Related Post関連記事

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手